トップページ企画紹介>彷徨録

【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき

top_photo
【検証:近未来交通地図】管理者である551planningの、“取材”と称して日本全国をふらふらしている態を記録するとともに、ときたま書き散らしもやらかすことにしました。

【2016.09.23 Friday】

京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブ+和歌山奈良も(3-3)

最終日はまさかの高野山へ!
和歌山=[r145・R24・r7・r63]岩出根来IC[京奈和道]かつらぎ西IC=宝来山神社=かつらぎ西IC[京奈和道]高野口IC[r13・R370・R480]極楽橋[R480]高野山[R480・R24]紀北かつらぎIC[京奈和道]五條北IC[R24・r116]御所IC[京奈和道]橿原高田IC[R24]=イオンモール橿原=[R24]橿原北IC[京奈和道]郡山南IC[R24]木津IC[京奈和道]城陽IC[R24・R478]久御山IC[京滋BP・名神]大津SA[同左]瀬田西IC[R1・r43]=立命館大学くさつ・びわこキャンパス(近江バス)南草津=[R1・r55]栗東IC[名神・北陸道]小松IC[R8]白山
和歌山の主目的は連れのピンポイントだったのだが、折角だからと帰路は京奈和道をチョイス。先ずは当方十数年ぶりの訪問となる宝来山神社に立寄。ちょうど今年が正遷宮との予備知識こそあれど、翌日が内覧会とまでは知らず…ちなみに滅多にやらないおみくじは末吉だったなと。
真田丸で注目を集める九度山散策を…と思っていたところ、連れが乗り残した高野山ケーブルに、ということだったので急遽山坂道を特攻!当方もケーブルこそ乗ったものの、そのまますぐ折り返し金剛峰寺へは未参詣だったのでこれ幸いと思いつつも、ならば極楽寺駅まで行ってみるかとクルマを進めたのが無謀だったなと…対向も厳しい林道に濃霧が立ち込める悪条件をほうほうの体でクリア。改めて地図を見るとよく行ったなぁと。ちなみに金剛峯寺は門前を横切っただけ…宿題としておこう。
京奈和道を進み、ちょうど経路上にあったイオンモール橿原にて小休止。奈良も通り抜けて向かうは草津…の前に、京滋BPではなくわざわざ名神経由として大津SAに立寄り、551蓬莱を所望しておくなと。「京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブパス2016」には大津SAでも使える割引クーポン券がついており、当然ながら提示も、レジの女性では判らず、奥で黙々と豚まんを作っていた女店長にお伺いも「見たことない」で終了な。ともあれチルドと、朝から食わずだったのでその場で豚まんと肉団子を頂いて気分を持ち直す。
さて草津では今年4月から運行開始の近江バス「JOINT LINER」狙い、南草津駅発最終便に乗るべく向かうもR1の渋滞に阻まれ、立命館大に転身…ん?わざわざ平日に合わせたのに走ってない?結局学休日ダイヤで直行便自体がなく、満員の一般バスでしょんぼり南草津まで移動したなと。こちらも改めて来なければ…。

【2016.09.22 Thursday】

京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブ+和歌山奈良も(3-2)

2日目は一気に和歌山まで。
神鍋高原=[r712・r1・R178]=餘部=[R178・R426]=豊岡(京都丹後鉄度宮豊線)宮津=[R176]与謝天橋立IC[宮津与謝道路・京都縦貫道]南丹PA[同左・京滋BP・第二京阪・近畿道・阪和道]岸和田SA[同左]和歌山IC[r145・r17]DASH和歌山[r17]和歌山市[R24]=和歌山

【泊】東横イン和歌山駅東口

【完乗】京都丹後鉄道
当初はのんびり出発予定も、少し早めて餘部まで。新橋梁は2011/10に渡っているが、旧橋梁撤去後に見上げるのは初めて。図らずも普通列車通過タイミングと合致したのもツイていたなと。豊岡駅ではJR橋上駅舎に向かうも丹鉄改札口は以前のまま地上にありまごつくなと…駅前広場での主張が薄い!宮津まで乗り通して完乗…これにて国内鉄軌道営業路線制覇再獲得と。
ここからは一気にドライブモードへ。混み合う南丹PAのフードコートで昼飯とし、小休止の岸和田SAで赤福の幟に驚きつつ、夕方前に和歌山到着と相成った。

【2016.09.21 Wednesday】

京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブ+和歌山奈良も(3-1)

8月以降の台風連続来襲対応にすっかり疲弊して、どこか行きたい感が猛烈な勢力に発達してしまい…文字通り天候的に長期遠征もし難いところ、公私諸々を含めて1泊2日を捻出調整。京都丹後鉄道乗り直しをメインに、楽天スーパーセールでたまたまゲットした神鍋高原の宿で1泊2食付きプランでノンビリするつもりが…ノロノロ進んだ台風16号列島直撃見込に、一旦は泣く泣くキャンセルしたものの、進路予想をニラメッコしてゆくなかで日程を少しズラせば更に1日捻出できるなと、ちょっとした賭けに出たのだった。
そんなわけで前夕、風雨が強まりかけてきた首都圏からかがやきにて半逃避行−
白山=[加賀産業道路・R8]丸岡IC[北陸道・舞鶴若狭道]舞鶴東IC=西舞鶴駅(京都丹後鉄道宮舞線)宮津(同宮福線)福知山=[R9・R312・R482]=神鍋高原

【泊】ブルーリッジホテル
3時起きにて早朝勤務をこなすも、首都圏での影響は避けられ一安心、というか拍子抜け。引き継ぎを終え出発、マックランチの時間に合わせて丸岡まで下道を進み一息。今回は「京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブパス2016」をチョイス、乗り放題全日3日プランと、休日および地域別2日プランに大別されるところ、初期案だと平日2日だったため3日プランで1日捨てるかなとも考えていたが、結果的にフル活用できたのだった。

さて北近畿タンゴ鉄道以来丸7年ぶりとなる丹鉄乗車。普通列車乗継予定も、いきなり西舞鶴の車庫に「くろまつ」と「丹後の海」がいた。普通車も外観が塗り直されて7年前の疲弊感はない。宮津では、はしだて充当の丹後の海とあかまつが並ぶシーンも展開したのだった。

【2016.06.28 Tuesday】

東日本大周遊(5-5)

最終日は喜多方から三条へ。
米沢=[R13・r152]=イオン米沢店=[R121・r333]=坂内食堂=[r21・R49・R290]冬鳥越スキーガーデン[同左・r9・R403・R289・R8]=コメダ珈琲店三条店=[R8]=燕三条(とき328)東京

【2016.06.27 Monday】

東日本大周遊(5-4)

4日目は秋田から山形へ南下。
弘前=[r260・R7]大鰐弘前IC[東北道]鹿角八幡平IC[R282・R341]玉川温泉[同左・r38・r60]=たつこ像=[同左・R105・R341・r250]角館[同左・R105・R46・R13・R341]協和IC[秋田道]河辺JCT[日本海東北道]松ヶ崎亀田IC=羽後亀田=松ヶ崎亀田IC[日本海東北道]象潟IC[r58・R7]=道の駅鳥海ふらっと=[同左・r59]酒田みなとIC[日本海東北道]鶴岡JCT[山形道]鶴岡IC[R7・r47・r332・r48]鶴岡[r350・r47・r349・r332・R112・R7・r40・r41]酒田[r40・R47]酒田中央IC[日本海東北道]鶴岡IC[山形道]櫛引PA[同左]湯殿山IC[R112]月山IC[山形道]山形JCT[東北中央道]山形上山IC[R13・r267]=ニュートラックかみのやま[r51・R458・R13・R113・r102・R113・R13]南陽高畠IC[米沢南陽道路]米沢北IC[R13・r1]=米沢

【泊】東横イン米沢駅前

【2016.06.26 Sunday】

東日本大周遊(5-3)

3日目はいよいよ北海道新幹線!
八戸(JR-E奥羽本線)新青森(はやて91)木古内(道南いさりび鉄道・JR-H函館本線)函館=[R279]=ハセガワストアベイエリア店=[R227]=J-PLACE函館港町=[同左・r100・r83・r63]=函館空港=[r63・R278・r100]=ハセガワストア中道店=[同左・r347]赤川IC[函館新外環]函館JCT[函館新道]七飯本町IC[r264・R5]=新函館北斗=[r262・r756・R227・R5]=函館(JR-Hはこだてライナー)新函館北斗(はやぶさ30)新青森(JR-E奥羽本線)弘前

【泊】東横イン弘前駅前

【完乗】JR-H北海道新幹線・道南いさりび鉄道

【2016.06.25 Saturday】

東日本大周遊(5-2)

2日目は仙台市地下鉄東西線完乗から一気に弘前まで。
福島=[r310・R13]福島飯坂IC[東北道]仙台南IC[仙台南部道路]仙台若林JCT[仙台東部道路]仙台東IC=半田屋六丁の目店=[r23・r10]=MOP仙台港=[同左・r23]=荒井(仙台市地下鉄東西線)八木山動物公園(同左)国際センター(同左)荒井=仙台東IC[仙台東部道路]仙台港北IC[三陸道]利府JCT[仙台北部道路]富谷JCT[東北道]水沢IC[R4]=水沢競馬場=[同左]水沢IC[東北道]滝沢IC[R4・r129]好摩[同左・R4]一戸IC[八戸道]福地PA[同左]八戸IC[r29・R104・r20]八戸[R454・r20・R45・R102・R103]十和田湖休屋[同左・R454・R102・r109]=弘前

【泊】東横イン弘前駅前

【完乗】仙台市地下鉄東西線

【2016.06.24 Friday】

東日本大周遊(5-1)

昨秋、18きっぷ2枚を使って金沢から函館までの東日本大横断と洒落こんだが、今回はクルマ中心での「東日本大周遊」。契機となった北海道新幹線乗車を軸に当初はシンプルな行程だったのが、あれよの間にいろいろ重なり合って、久しぶりな全4泊5日に。

初日は八ッ場ダム付替の吾妻線を抑えてから福島まで…当初は前橋で野球観戦予定も、諸々で回避して正解だった。
上野(はくたか551)飯山=[R117・R292・R145]長野原草津口(JR-E吾妻線)岩島[R145]長野原草津口[R145]=道の駅八ッ場ふるさと館=[r375・R145・r35・r25・r127・r17]前橋IC[関越道]高崎JCT[北関東道]岩船JCT[東北道]上河内SA[同左]福島飯坂IC[R13・r387・R4]=ニュートラック福島=[同左・R13・r310]=福島

【泊】東横イン福島駅東口2

【完乗】JR-E吾妻線

【2016.05.21 Saturday】

路線バス乗り継ぎ日帰り金精道路の旅

昨秋に大半が北関東道・圏央道経由となったマロニエ号成田線が、04/22から1.5往復が日光まで季節延伸! 機会あらば…と思っていたら、金精道路を通る「日光・かたしなエクスプレス」が05/01に運行開始!これは絡めずにはいられないと、どうせならば尾瀬号も!ということで尾瀬号運行開始日に合わせ日帰り旅に。折角なので前夜からバスタ新宿に張り付いてみたのだった…あ、尾瀬も日光も行ってないので悪しからず。
バスタ新宿(尾瀬号昼行1便)鎌田(日光・かたしなエクスプレス号)中禅寺温泉(東武バス日光)東武日光駅…JR日光駅(マロニエ号)成田空港2TB(東京シャトル)東京駅八重洲北口前

【2015.12.31 Thursday】

東奔西走2015

遂に10度目となった「東奔西走」。
東北に拘る宣言の通り、元日から東北秋田新幹線初乗り、その後も4度の長駆行、想うこと、考えさせられること多々あり。
一方で北海道はなんと新千歳空港乗継(ターミナルからすら出ない)をしかも2度…だけで終わらせるわけに行かず陸路函館アプローチが加わったものの、来年は増えるかなと。沖縄も3年ぶりの上陸となったが那覇周辺を数時間だったのでそろそろ離島にもと思案したり。
また、ある意味アンラッキー契機ではあったものの“足”を手に入れることとなり、今後破茶目茶ドライブがぐんと増えそうな…。

【2015年の東奔西走】
東 … 北海道千歳市・新千歳空港 (43.79/141.68)
(最遠 2014年他:北海道根室市・納沙布岬)
西 … 沖縄県那覇市・那覇空港 (26.20/127.65)
(最遠 2008年:沖縄県豊見城市・瀬長島)
南 … 沖縄県沖縄市・赤嶺駅 (26.19/127.66)
(最遠 2008年:沖縄県糸満市・喜屋武岬)
北 … 北海道千歳市・新千歳空港 (43.79/141.68)
(最遠 2009年他:北海道稚内市・宗谷岬)
続きを読む >>

| 1/65PAGES | >>

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

archives


ジオターゲティング
RSS表示パーツ

selected entries

categories

recent comment

recent trackback

links

RSS表示パーツ

others

powered

a8 a8
無料ブログ作成サービス JUGEM

テンプレートのpondt

tw
top