トップページ企画紹介>彷徨録

【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき

top_photo
【検証:近未来交通地図】管理者である551planningの、“取材”と称して日本全国をふらふらしている態を記録するとともに、ときたま書き散らしもやらかすことにしました。

【2015.07.14 Tuesday】

[Opinion] いよいよ「内房の表玄関口」へ?! 金田総合高速BTの…

【検証:】では東京湾アクアラインバスについて折に触れ見つめてきましたが、中でも袖ケ浦と木更津金田という2つのバスターミナルの存在を抜きにすることは出来ません。下記リポートもはや7年以上前のことですか−その後も木更津新宿線開業やMOP木更津オープン、圏央道開通など転機がありましたが、いよいよ局面が大きく変わるときが近づいているようです。

【検証:】リポート2007/12−アクアラインバス10周年の“現在”袖ケ浦vs.木更津金田 「高速バス通勤」の現状を見る

1997/12のアクアライン開通と同時開業した袖ケ浦BTは小湊管理で川崎・羽田・横浜・品川・新宿系統が発着し年間利用客数は100万人をゆうに超え、周辺には雨後の筍のように民間駐車場が展開するなか、2009年までにBT機能の拡充整備が行われたものの、待合室等は未だにやっつけ感が拭えないのはなんともな感じも。一方の木更津金田BTは、1999/07のアクア連絡道高架下への金田駐車場整備に合わせた側道路上バス停から、連絡道南西側のアクアわくわく市場隣に2004/12に木更津金田BTとして移転オープン。路上バス停時代のアクシー号を端緒に、大当たりとなった木更津・君津東京系統など京成系で占められるのと裏返しに行先も東京駅八重洲口方面に限られてきたところ、2007/07になってようやく木更津羽田線が一部経由するように。また紆余曲折を経ながらも成田とも結ばれるようになっており、こちらも年間50万人超が利用するまでになっています。

【2015.05.27 Wednesday】

[Opinion] JRBK東関東支店&多古台BT06/20始動!むしろ…

【JRBK東関東支店&多古台BT06/20始動!むしろ注目は航空科学博物館!?】

かねてより密かな注目を集めてきたJRバス関東のプロジェクトがいよいよ日の目を見ることに。その発端は2年弱前に遡ります。

バスターミナル構想浮上 鉄道ない多古の宅地開発地に 町長「来年度中に着工したい」〔千葉日報 2013/09/14〕

『町長は取材に対し、既に県内などに支店のある都内のバス会社と接触していることを認め、「できれば、来年度中にはターミナルの建設に着手したい」としている』という行で、ほぼJRBKに絞られていました(奇しくも京成バス本社の八幡移転は2013/09/17)。八日市場支店の移転が想起されるわけですが、位置的に成田空港も伺えるということで、思い切った展開が有りや無しや…なんて。結果、THEアクセス成田参入につながったわけですが。

多古町議会だより2014.8.25 vol.73−6月定例会 多古台の財産処分を可決 ジェイアールバス関東に譲渡
バスターミナル工事費提案 多古町〔千葉日報 2014/09/09〕
JRバス関東 来月、格安高速バス参入 成田空港←→都心 京成と競争激化へ〔毎日 2014/11/20〕

毎日記事によって東関東支店となることが判明、約7650平米の敷地に車両整備工場、自動洗車機などを併設しバス30台駐車可能とありました。八日市場支店の閉鎖とともに、町が多古台バスターミナル(仮称)を整備することも記載されていました。

【2015.04.29 Wednesday】

[Opinion] 奈良交通深夜急行バス「はんな号」3ルート化!

南海、京阪が動いた近畿圏の深夜急行バスですが、遂に奈良交通まで!

奈良交通−深夜急行バス「はんな号」新コースについて(認可申請中)―平成27年6月1日より―

奈良交通は1990/12に阪急・近鉄・南海と並んで近畿圏初の深夜急行バス「はんな号」を開設、近鉄富田林線こそ廃止となったものの、阪急は国際興業大阪オオサカナイトライナーに触発される形で2002/12から3系統化、南海も紆余曲折を経ながら2ルート3系統化と拡充される中、奈良交通は1系統のまま推移、ただし経路変更により生駒・奈良・大和郡山市内で全70停留所を巡るのが特徴となっていました。

【2015.03.24 Tuesday】

[Opinion] 羽田アクセスバス、昼便にも新風!

C2経路変更が注目の羽田アクセスバス、深夜早朝便に次いで昼便の改正情報が出揃いました。仔細は暫しお時間を頂戴するとして、2路線で停留所追加が!

神奈中−東戸塚駅・上永谷駅と羽田空港を結ぶリムジンバス4/1より運行開始(認可申請中)
京浜急行バス−空港リムジン 川口駅・川口元郷駅線に停留所新設

【2015.03.12 Thursday】

[Opinion] 羽田空港深夜早朝時間帯バス実証運行「堅調推移…

【羽田空港深夜早朝時間帯バス実証運行「堅調推移・一定成果」から更に拡充へ!】

東空交のダイヤ改正発表およびNHK報道が一部先行しましたが、羽田空港深夜早朝時間帯バス実証運行が正式発表されました。

関東運輸局−羽田空港の深夜早朝アクセスがさらに便利になります!〜羽田空港の深夜早朝アクセスバスの運行路線・停留所の拡大等〜
羽田空港の深夜・早朝バス 試験運行拡大へ〔NHK 2015/03/12〕

「実証運行の開始以降、乗客数は堅調に推移しており、一定の成果が見られます」とのことですが、NHKでは「羽田から新宿や池袋に向かう路線では予想を上回る利用があったという」ことで、コチラのほうが合っているかな。拡充となりますが“堅調”な新宿池袋系統以外はテコ入れと見ても間違いなかろうかなと。なお、1月に学識経験者、関連事業者等からなる「東京国際空港の深夜早朝時間帯におけるアクセスバス運行協議会」が設置され、今後は協議会が運行支援、広報及び調査検討を行う由。

【2015.01.07 Wednesday】

[Opinion] 新機軸狙うも運用効率化ありき?3度目の新宿〜土気…

【新機軸狙うも運用効率化ありき?3度目の新宿〜土気線ダイヤ改正】

2012/08に運行を開始した京王&千葉中央バスによる新宿〜東京スカイツリータウン前〜鎌取・土気線。当初6往復で一部便がTST前を経由し、土気方面だけでなく新宿からの乗降対応と、個人的には京王グループとしてこのバス停を獲った意義に注目していたのですが、2012/12と2013/07の2度の改正を経てなお、折々にTwitter等で上がってくる状況の限りなかなか厳しい乗り具合の様子、もしや早晩…などと感じていたのですが、全く予想だにしなかった展開が!

京王バス−「新宿〜土気線」が新しく千葉駅に停車します(1/16〜ダイヤ改正)

【2014.12.10 Wednesday】

[Opinion] 「ミッドナイトアロー アーバンパークライン野田」なのだ。

深夜バスの話題が続きます。数日前からtwitterでも現地情報が出ていたのですが、今年も増便されるミッドナイトアロー東松山・森林公園線増発、春日部線、久喜・東鷲宮線、柏・我孫子線の特定日増車、春日部線、久喜・東鷲宮線の「新田駅」「蒲生駅東口」停留所新設に千住大橋駅〜北千住駅〜花畑団地線深夜バス新設−と情報が小出しにされてきた後にようやく来ました…が、さすがにこの名前は!

【検証:】Wiki−深夜急行バス「大全」?

【2014.11.28 Friday】

[Opinion] あれから1年…すっかり鳴りを潜めた中でキラリと輝く星になる?

ちょいと意味深なタイトルにしてみましたが、東急のお話。

東急−年末夜間の輸送力を強化します<東横線・田園都市線・大井町線>

【検証:】過去ログ2013/10−東急の新たなるチャレンジ−“金曜深夜終電夜1時台”
551planningリポート2013/12−試験的終電終バス延長−東急の“本気”に迫る渋谷駅25時

去年は東横線と田園都市線で衝撃の“金曜深夜終電夜1時台”増発が行われた訳ですが、今年は12月の金曜と22日(月)深夜の計5日間、東横線で23時台の渋谷発急行、田園都市線で24時台の渋谷発各停、大井町線で24時台の大井町発鷺沼行各停を各1本ずつ、それぞれ終電前の増発とすっかり大人しいものに。昨年末の実見や、それこそ思わぬ喧騒となった10/31ハロウィーン最終日深夜などを体感するに、渋谷のポテンシャルというのは侮れないと考えるのですが、やはり“35分繰り下げ”は現業セクションの重荷になるものと。
そんな中、こんな動きが!

東急バス−【期間限定】深夜急行 渋谷駅⇒溝の口駅を増便します!!

鉄道増発と同日の計5日間のみ、ミッドナイトアロー溝の口系統が2本増発、しかも通常の01:30発の後に02:00・02:30発を設定というもの。同系統はR246下道経由のため立席乗車も可能、現に去る10/31深夜も周辺渋滞渋滞等の影響を受けてか01:30発は20分以上遅れての出発となっていましたので、興味深いチャレンジと思われます。それにしても渋谷26時半発、ですか…。
東急の深夜急行バスも、新横浜系統が『これまで、路線の活性化を図るため、各種見直し(増便・途中停留所の新設・運賃の割引)を行ってきましたが、収支の改善には至っていないことから』12/01から全区間で200円の運賃値上げとなるなど、そうラクな商売ではないことが伺えますが、パイオニアとしての矜持に大いに注目したいと思います。

【2014.11.28 Friday】

[Opinion] 久々動いてきた西東京バス。

独自の“遅寝早起き戦略”に【検証:】も注目した西東京バス。久々動きがありました。

西東京バス−
深夜急行・通勤高速バス 東京駅乗り入れ開始【2014年12月19日出発便から】
深夜ご帰宅バス「楽帰ぃ!」立川駅北口発 東青梅駅・青梅駅まで延伸(期日限定) 福生消防署バス停新設

【検証:】特別リポート附録−西東京バスの深夜早朝戦略

【2014.10.03 Friday】

[Opinion] ディマンドとニーズ…儲け度外視で何でも良いという話ではないけれど

東京都−舛添知事定例記者会見(2014/09/30)

07/31付会見では『とにかく1年間やってみてということなので、その結果を待ちたい』とされていた東京都営終夜バスが、2ヶ月残して前倒し終了に…03/20時点では『現場を見て、市民の意見も聞き、区民の意見も聞き、そして最終的に判断する』ともされていましたが。

讀賣と東京が月別の乗車のグラフを掲載も細かい数字までは取れず。プレス用資料がありそう…と、都議がヒアリングしたとブログに一部載ってました。

24時間都バス 来月終了〔讀賣 2014/09/30〕 都終夜バス来月末終了 1便平均9人、採算割れ〔東京 2014/09/30〕
渋谷−六本木間の終夜バス、運行終了へ−利用者低下、2カ月前倒し〔シブヤ経済 2014/09/30〕

みんなの党 東京都議会議員 おときた駿−さらば猪瀬バス!都バス24時間運行、早期打ち切りの背景とは?
続きを読む >>

| 1/12PAGES | >>

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

archives


ジオターゲティング
RSS表示パーツ

selected entries

categories

recent comment

recent trackback

links

RSS表示パーツ

others

powered

a8 a8
無料ブログ作成サービス JUGEM

テンプレートのpondt

tw
top