トップページ企画紹介>彷徨録

【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき

top_photo
【検証:近未来交通地図】管理者である551planningの、“取材”と称して日本全国をふらふらしている態を記録するとともに、ときたま書き散らしもやらかすことにしました。

【2008.07.21 Monday】

DMV@洞爺湖まで追いかけちゃいました

洞爺湖サミット向けにデモが行われたDMV、その車はトヨタとの共同開発車が新造されたとあっては気になっていたところ、JR-Hから一般試乗会やりますといわれると…とういうことで洞爺湖まで。我ながら最近出かけ過ぎである。ちなみに1年内に4度の渡道も初体験。
飯田橋(JR-E中央総武緩行線)神田(同京浜東北線)浜松町(東京モノレール)羽田(ANA4711)新千歳(道南バス)職訓センター前(同左)苫小牧(JR-H室蘭本線)東室蘭(同左)洞爺(道南バス)西山遊歩道…洞爺湖ビジターセンター…洞爺湖温泉(道南バス)洞爺(JR-H室蘭本線)豊浦(同左)東室蘭(同左)苫小牧(同千歳線)南千歳(同左)札幌(市営地下鉄南北線)すすきの

【泊】ススキノグリーンホテル2
DMVの話は追々として…。
洞爺湖一般向け試乗会について発表になったのが07/01、実施日の最初の週末である07/12〜/13はちょうど仙台行だったこともあり、以降の2週末に絞られたところ、07/26〜/27ではエアーがすっかり夏休み価格になっており、旅費的に落としどころは07/21〜/22のみとなってしまっていた。

始発便で到着した新千歳、曇天模様もあるもののさすがに涼しい。で、まずは家人がハマってしまったじゃがポックルを、某土産店で出会い頭的に難なく確保。指南書?も出ているようだが、経験則上早朝(〜10時)と昼過ぎ(13時前後)はタイミングが合えばすんなり確保できる。加えるならば「人混みができたら即駆けつける」ことだろうか。
今回ミッションに加わっていたのが花畑牧場の生キャラメルだったが、直営店での「11:00から販売」にガックリしたものの、その直後某土産店に人混みが!無論即駆けつけるとこれがまさしく花畑生キャラメル。限定5個をゲットするも、1個が結構高いんですなぁ。

空港窓口で今日1日付き合いの多い道南バスカードを購入し、まずは苫小牧へ向かうが、時間調整を兼ねつつイオン苫小牧SCへ。これまで贔屓にしていた千歳アウトレットモール・レラのNIKE FACTORY STOREが去る5月末で閉店の憂き目となり、いちばん近いNIKE SHOPがあるのがここのスポーツオーソリティ。しかも9時オープン、新千歳からの連絡バスも資金を経由すると来れば寄らない手はない。で、さすがに開店時間直後とあって店内はガラガラ。急ぎ足ながらもゆったり見ることができた。シューズは少ないながらもウェアはラージサイズもしっかりあり、シャツを1枚ゲット。おまけにイオンSCの交通事情が垣間見られたのが掘り出しものだった。

苫小牧からはJR利用。当初は札幌−洞爺湖間を定山渓・留寿都経由バス便往復でと考えていたのだが、往路がうまくいかず、洞爺までJRで移動して以後バスで…としたところ、意外と鈍行利用がうまく行きそうということになり方針転換。かなりのコストダウン成功の鍵となってくれる一日散歩きっぷ(道央圏用)を苫小牧みどりの窓口にて勢いよく所望するも、なんと発売箇所が南千歳までと外れており、一瞬パニくる。いっそ洞爺まで特急利用としてあとは当初予定のバスでと思ったものの、そうだと思い返し18きっぷに切り換え。当方は現時点で残りを使い切る予定は全くないものの、家人が使ってくれよう…それにしても1週間前ならできなかった芸当、事前調査はしっかりとを肝に銘じつつ、ラッキーである。

そんなこんなで列車へ。今春に別れを惜しんだはずの711系に乗り東室蘭、少しのインターバルを置いて非冷房でも納得のキハ150で洞爺へ。いずれも適度に空いていた。
が、1分接続ということもあり急ぎ足で向かった洞爺駅前の道南バス乗り場は大混雑。スーツケースを抱えた外国人観光客の小パーティがいたためだが、これもサミット効果なのか。立客満載でバスは出発、途中地元利用者の乗降があり席にありつくと、洞爺湖への峠越え。ここは3年前の沿岸紀行Vol.2の際にも通った道だ。有珠山2000年噴火口が見えてくると西山遊歩道入口バス停で下車。
西山火口散策路を歩いた後、そのまま徒歩で洞爺湖温泉への急坂を下る。熟年サイクリストと行き交うが、吐く息の荒さに頭が上がる想い。眼下にぽつんと黄色いバスが見えてきて、思わず心はやるが、まずは金比羅山火口散策路・災害遺構をじっくりと見ておこう…このあたりについてはそのうちにどこかで。
そんなこんなで洞爺湖ビジターセンターに到着。目指すDMVがイター!…ここもそのうちのお楽しみに。なんなく試乗&撮影を終え、ビジターセンター内でひといき。ファーストレディも鑑賞した火山科学館の有珠山噴火映像は最近では久々の入館料を払う価値があると思わせてくれるものであった。

再びDMVを見学後、洞爺湖畔の足湯に暫く浸かり、サミット期間中白バイ倉庫となったゲーセンを冷やかし、警備員の利用急増となったセイコマでホクホク顔でインタビューを受けていた店主のオヤジさんにレジ打ちしてもらう。最後に入った土産物屋で木刀があったので、店番のオバちゃんに「テレビでやってた各国首脳の彫ったやつはないの?」と聞いてみると、「もとから(客のリクエストで)なんでも彫るのに、あれだけで値段をぼったくるんだから」と。ありゃ、違うお店でしたか。
DMVに別れを告げ、G8マークを掲げた洞爺湖温泉ターミナルから再び洞爺駅へ。行きほどではないにせよやはり外国人で混んでいた…洞爺湖温泉の3連休最終日の午後の様子、予想していたほどサミットの影響はないというか、のんびりムード。その中での主役は、中台韓に白人少々という外国人観光客であった。

時間が空いていたので豊浦まで往復し、東室蘭→苫小牧→南千歳ととんとん拍子に乗り継いで札幌へ。この日から大通公園ビヤガーデンがオープン、梨田監督以下ファイターズ選手も出たとのことであったが時間も微妙で、そのまま地下鉄ですすきのへ。宿に入る前に札幌でも買えるやきとり弁当をセイコマでゲット…独りの札幌1泊ならこれで十分である。ココでも外国人観光客御一行と遭遇した。やれやれ。

コメント
成果物をあげておきます。
郊外型大規模SCに交通センター機能を−苫小牧に見る可能性
http://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?traffic002+1482
  • 551planning
  • 2008/07/25 5:02 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

archives


ジオターゲティング
RSS表示パーツ

selected entries

categories

recent comment

recent trackback

links

RSS表示パーツ

others

powered

a8 a8
無料ブログ作成サービス JUGEM

テンプレートのpondt

tw
top