トップページ企画紹介>彷徨録

【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき

top_photo
【検証:近未来交通地図】管理者である551planningの、“取材”と称して日本全国をふらふらしている態を記録するとともに、ときたま書き散らしもやらかすことにしました。

【2010.05.05 Wednesday】

首都高クローリング

連休中も基本は本業、唯一の休みは目下不定休である当方にとっての定休日である水曜。
買い出しするのにあわせ、さすがに日中は首都高も空いていようということで、未見の山手トンネル走破を絡めてみた。
目黒R=2上=一ノ橋JCT=C1外=谷町JCT=3下=大橋JCT=C2外=熊野町JCT・板橋JCT=C2外=江北JCT・小菅JCT・堀切JCT=6上=箱崎JCT・江戸橋JCT=C1内=浜崎橋JCT=C1内=江戸橋JCT・箱崎JCT・両国JCT=6外=堀切JCT・小菅JCT・江北JCT=C2内=板橋JCT・熊野町JCT=C2内=大橋JCT=3上=谷町JCT=C1外=神田橋JCT=Y・磧畆留JCT・浜崎橋JCT=芝浦JCT=11下=有明JCT=B東=葛西R=イトーヨーカドー葛西店=イトーヨーカドー新浦安店=イトーヨーカドー木場店=目黒
後半はなんだかヨーカドークローリングとなっているが、前ヒットだった品がなくなってたんだよな…。
で、首都高だが、別に一筆書きを意識したわけではなかったものの、山手トンネルを走り通したいというところからこんなことになった。わざわざ6号→C1→6号としなくても、箱崎ロータリーUターンやC2完全走破にしてみればよかったのかなとも思いつつ、改めて自身の首都高走破経験を考えると、免許取得後の初ドライブが首都高だった(今考えれば恐ろしい?)以後、さほど使っていないというのが正直なところだったので、グルグル廻ってみたわけだ。
山手トンネル、まず大橋JCTは上り下りとも流れていただけにハンドルさばきに集中したため、さすがに若干酔いそうな感覚。山手トンネルがかなりストレート基調なだけに、時間帯によっては相当巡航速度が上がりそうな懸念も。C2王子線は何度も使ったことがあったのだが、内回り板橋JCT手前で2km弱の渋滞は初経験。板橋JCT分岐は2車線維持なので、右側レーン走行でと覚えておきたい。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

archives


ジオターゲティング
RSS表示パーツ

selected entries

categories

recent comment

recent trackback

links

RSS表示パーツ

others

powered

a8 a8
無料ブログ作成サービス JUGEM

テンプレートのpondt

tw
top