トップページ企画紹介>彷徨録

【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき

top_photo
【検証:近未来交通地図】管理者である551planningの、“取材”と称して日本全国をふらふらしている態を記録するとともに、ときたま書き散らしもやらかすことにしました。

【2010.05.27 Thursday】

瀬戸内三都行(3-2)

2日目は讃岐周遊。
岡山(マリンライナー11)坂出(JR-S予讃線)高松…高松築港(ことでん琴平線)瓦町(同志度線)八栗=八栗登山口(四国ケーブル)八栗山上…八栗寺…八栗山上(同左)八栗登山口=八栗(ことでん志度線)琴電志度…志度(さぬき市コミュニティバス緑ルート)大川バス本社前…長尾(ことでん長尾線)瓦町(同琴平線)琴電琴平…琴平(JR-S土讃線・予讃線)丸亀(同左)坂出(マリンライナー52)岡山

【完乗】四国ケーブル
【泊】三井ガーデンホテル岡山
当方の完乗会社は今年初。同時に四国内完全制覇となった。
初日に広島に行けたので、2日目は雨天順延時想定の当初計画よりも早めの始動にてゆったり廻ることに。マリンライナーで瀬戸大橋を渡り坂出で一旦下車、ことでんJRくるり〜んきっぷを購入し、ことでんチェックスタート。まずは屋島ケーブル跡を見上げつつ、四国ケーブルで八栗寺へ…とその前にうどん本陣山田家にて朝食の釜ぶっかけは外せない。
八栗寺参拝を終え、八栗登山口から徒歩…も考えたもののやっぱりタクシー…そうそう、登山口駅外れのタクシー専用電話は壊れていたので、(山上)駅で呼ぶことをオススメしておく。当方かなり前に琴電完乗した時にはなかった(路線バスのタイミングが合わなかった?)が、さぬき市コミュニティバスが連絡しておりそれにあわせた行程にしていたものの、ここで30分程余裕ができたためさてどうしようかと…ガストがあるじゃないですか。
その後バスに揺られたが、案内放送など一切なし。停留所手前でブザーを鳴らせばちゃんと停まってはくれるものの、いちげんさんにはしんどい。とはいえ、運転手氏は乗客のおばあさんと親しげに話しており、「今日はココじゃないの?マルナカまでか」とおおよその乗降を把握している様子はさすがコミュニティバス。大川バス本社前で無事降車し、長尾から瓦町へ。瓦町で一息と思いきや、うーん商店街は人通りこそそこそこあれど、かなりのシャッター感は厳しい。
再びことでん、元京急600形の長大ロングシートに身を預けてしばしまどろむと琴平着。さすがに琴平宮までは行けなかったが、せめて海の科学館には立ち寄りたかった。通学生でひといきれのする鈍行に揺られて丸亀で途中下車、最近知名度が凄く上がってきた骨付鳥の一鶴本店にて早目の夕食。当方は15年振り2度目なのだが、なかなか濃ゆい味はクセになるのだろうか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

archives


ジオターゲティング
RSS表示パーツ

selected entries

categories

recent comment

recent trackback

links

RSS表示パーツ

others

powered

a8 a8
無料ブログ作成サービス JUGEM

テンプレートのpondt

tw
top