トップページ企画紹介>彷徨録

【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき

top_photo
【検証:近未来交通地図】管理者である551planningの、“取材”と称して日本全国をふらふらしている態を記録するとともに、ときたま書き散らしもやらかすことにしました。

【2012.10.26 Friday】

[Opinion] 課題山積の中で…新「バス事業のあり方検討会」は短期集中型に

2010/09の総務省勧告(貸切バスの安全確保対策に関する行政評価・監視結果に基づく勧告)を受ける形で同年12月からスタートした「バス事業のあり方検討会」(座長:竹内健蔵東京女子大学教授)。業界内で抜き差しならない状態となっていた高速ツアーバス問題を中心に議論が重ねられた結果、2012/04/03に最終報告書が公表され、いわゆる「新高速バス制度」への移行が決定するとともに、その対応のフォローアップ会議および貸切バス事業そのものについての運賃・料金規制や営業区域規制に関するワーキンググループ設置へ−となっていました。
しかしながら直後の04/29に発生した関越道高速ツアーバス事故により一気に社会的関心事となり、2年間での移行とされた新高速バス制度が事実上1年間に前倒しされるとともに、各種緊急対策の実施、過労運転防止や監査のあり方に関する検討会設置などが行われたのは未だ記憶に新しいところですが、それら諸問題・対策等幅広い事項を検討すべく、新たに「バス事業のあり方検討会」が開催されることとなり10/25に1回目が開催されています。

国土交通省−バス事業のあり方検討会(第1回)の開催について

行政関係者を除く委員構成は…
●この続き&御意見は【検証:近未来交通地図】電子掲示板 にて!

この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

archives


ジオターゲティング
RSS表示パーツ

selected entries

categories

recent comment

recent trackback

links

RSS表示パーツ

others

powered

a8 a8
無料ブログ作成サービス JUGEM

テンプレートのpondt

tw
top