トップページ企画紹介>彷徨録

【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき

top_photo
【検証:近未来交通地図】管理者である551planningの、“取材”と称して日本全国をふらふらしている態を記録するとともに、ときたま書き散らしもやらかすことにしました。

【2014.01.09 Thursday】

雪見露天で苗場へ。

連れが12/31に18きっぷを購入し元日に使用…と、その他にアテがないという。2回分は家人に譲り、ラストで雪見露天風呂と洒落込んでみた。
池袋(JR-E埼京線)赤羽(同宇都宮線)久喜(東武伊勢崎線)館林(同佐野線)葛生(同左)佐野(JR-E両毛線)新前橋(同上越線)後閑(関越交通)上毛高原(Maxたにがわ409)越後湯沢(南越後観光バス)浅貝…苗場プリンスホテル(西武観光バス 苗場ホワイトスノーシャトル)品川プリンスホテル
葛生は連れのリクエスト、これで東武完乗だそうで。佐野でラーメンでもと思ったものの10時過ぎでは空いておらず駒を進めたのだが、新前橋ではフォレストモール新前橋のはなまるうどんに救われる。上越国境越えは時間が合わず、後閑から上毛高原に抜けて新幹線ワープ。E4もあと何回乗ることになるだろうか。
トンネルを抜けると見事なまでの雪景色、貸切となった路線バスに揺られて向かった苗場は初訪問、雪さきの湯でしっかりと雪見露天…平日とあってかたっぷり貸切状態がたまらん。その代わり苗場プリンスホテルまでは雪中行軍に。都会っ子には少しの風雪でも堪える。当方的にメインは苗場ホワイトスノーシャトル、当方組のほか、冬季スタッフの一時帰宅利用で3人、その他観光客4人という乗り具合で6人が女性だった。初の三国トンネル、それ自体は1200mほどでストレート、抜けた先の群馬側も深々とした雪景色と先入観と異なったが、猿ヶ京まで下れば空っ風の関東入りを実感した。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

archives


ジオターゲティング
RSS表示パーツ

selected entries

categories

recent comment

recent trackback

links

RSS表示パーツ

others

powered

a8 a8
無料ブログ作成サービス JUGEM

テンプレートのpondt

tw
top