トップページ企画紹介>彷徨録

【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき

top_photo
【検証:近未来交通地図】管理者である551planningの、“取材”と称して日本全国をふらふらしている態を記録するとともに、ときたま書き散らしもやらかすことにしました。

【2014.06.01 Sunday】

カードシャッフル2014春。

我が家にも、あの空がやってきた。

ちょうど2年前にANAVISASuicaからソラチカカード(ANA ToMeCARD PASMO)にメインカードをバトンタッチしたのだが、コイツの登場には驚かされたもので。

ANA−ついに誕生!TOKYU×ANAカード〜東急電鉄とANAが初めての提携〜

東急といえばJASからの流れでJALとの関係があり、双方で提携カードを出しているのだが、JAL経営破綻を経たとはいえまさかANAと組もうとは。
当方も東急沿線に棲み憑いてからそこそこ経過し、東急ストアだけでなく早起き応援キャンペーン等々TOKYUポイントにも世話になっているところ、換算率75%でAMCに持って行けることに。とはいえソラチカは90%と高換算率、あまりカードを増やしたくない性質(もともとスーパーICカードTOP&PASMOを保有、こちらも50%で持っていけることに)からも手は出ないな…と思っていた。
誕生記念キャンペーンも終わりかけという頃に、自宅マンションでのCATV回線工事が入ることになり契約を見直す段になって、そういやケーブルテレビ品川がiTSCOMに業務委託となったことで2013/10からTOKYUポイントに加盟したことを思い出して支払いも切り替えることとしたのだが、だったらTOKYU×ANAカードを作っても…と相成った。

05/12 Webにて登録

05/22 審査通過メール
05/31 カード郵送

券面的にはソラチカのほうがオリジナリティがあるなと。ちなみに当方Masterは初、井の中の蛙故使う機会はないのだが。

メインカードは変わらずソラチカに続投してもらうとして、早起き&のるレージなど東急廻りはTOKYU×ANAに担ってもらおうと…とはいえいちいち乗車機会でカードを複数運用するのもアレなので、メトロポイントPlus登録PASMO番号はTOKYU×ANAにスイッチ。あれ、ToKoPoカードはドコ行ったっけ?
なおシャッフルはこの後も続き、日常使いでヨレてきたスーパーICカードTOP&PASMOをスーパーICカードSuicaに切替へ、そしてSMBC CARD SuicaをSMBC CARDごと解約(三井住友のキャッシュカードのみに)すれば実質的なクレカ枚数は変わらない上にsuica分で年会費無料になるのは地味に大きい(SMBC CARD Suicaだとマイ・ペイすリボ登録&使用で年会費無料にはなるが)。TOKYU×ANA自体が三井住友カードなので仁義は切ってる?し。

なお、併せてソラチカ付属でANAPiTaPaも作っておいた。直近使う予定があるし、少なくとも年1は使う機会のある阪急バス乗車時に共通IC非対応からイラッとしないためにもと…やっぱりカードは減らんなぁ。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

archives


ジオターゲティング
RSS表示パーツ

selected entries

categories

recent comment

recent trackback

links

RSS表示パーツ

others

powered

a8 a8
無料ブログ作成サービス JUGEM

テンプレートのpondt

tw
top