トップページ企画紹介>彷徨録

【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき

top_photo
【検証:近未来交通地図】管理者である551planningの、“取材”と称して日本全国をふらふらしている態を記録するとともに、ときたま書き散らしもやらかすことにしました。

【2012.04.11 Wednesday】

さすがに疲れた高速バス3連荘。

まだまだ修行が足りないということですかね。
日吉(東急東横線)横浜(JR-E東海道本線)茅ヶ崎…茅ヶ崎公園…茅ヶ崎(同相模線)海老名(京浜急行バス)TIAT(京成バス)海浜幕張…高浜車庫(同左)東京駅八重洲口前
先日開業した2路線に乗車すべくプランニング。もうひとつ気になっていたのがコレ。

茅ヶ崎市−えぼし号展示お披露目式開催

茅ヶ崎市コミュニティバス「えぼし号」は2002年から運行されているが、経年のため昨年退役した初代マルチライダーのうち1台が展示公開されるというもの。ちなみに市によると国内には96台が輸入され、現在70台が稼働中とか。大半が大阪市赤バスと思われるが、コミュニティバス黎明期の1台であることは間違いない−この辺りはいずれ別の機会に。
肝心の高速バスも別項とするが、さすがに東京駅到着時には疲労感を覚えた。トシだなぁ。で、TIATから乗った京成車もだいぶ年季が入っていたが、側面は方向幕部分が塞がれ黄地の超大型プラ板に「千葉方面」と大書されたシロモノ。ちょうど前日に「市川方面」も見掛けており、MDBやMOP木更津関連、東雲車庫本格稼働等で稼働がキツくなっているのだろうか…。

【2011.12.07 Wednesday】

バスてんこ盛り@東京モーターショー

当方は商用車部門単独開催最後となった2004年以来の東京モーターショー。当初は別に、と思っていたのだが、IPS-HVが出てくるとなると話は別。ちょうど交通安全研究所主催のシンポジウム「フューチャートランスポート〜環境に優しい未来の大型車技術とロジスティクス〜」があり事前登録したらタダ券を頂いたので勇んで?出掛けることに。
有楽町(東京メトロ有楽町線)豊洲…豊洲駅前(日野IPS-HV)東京ビッグサイト…<東京モーターショー>…東展示場横(無料送迎バス)メルセデス・ベンツ コネクション…乃木坂(東京メトロ千代田線)国会議事堂前

【2011.12.04 Sunday】

絶景から絶句へ…晩秋箱根旅

紅葉狩りに箱根方面へと思っていた矢先、このリリースにより当初予定を1週間変更。九州行に続いてだったのでちとしんどかったが、結果的には絶景哉!…しかしその数時間後に絶句することになろうとは。
蒲田駅前(羽田京急バス・蒲田シャトル)TIAT(京浜急行バス)小田急ホテルはつはな(送迎バス)箱根湯本駅(箱根登山バス・R)箱根町(同・F)桃源台(小田急箱根高速バス)TIAT…羽田空港国際線ビル(東京モノレール)浜松町
そう、箱根行の理由は“第3の羽田空港連絡バス観光地路線”箱根湯本線試乗のため。ついでに何気に箱根からは未乗だった御殿場線にも乗ってみることとした。間のつなぎはどうしようかと思っていたらの新線誕生がうまくハマる形に。ま、本来的には逆コース(湯本からの帰路需要)が見たかったのだが、こちらだとうまくつながらなかったので。

【2011.10.29 Saturday】

I Fly 1st.787 from NARITA

岡山空港でのミスショットにヘコんでから2週間後、まさか乗ることになろうとは。
京成上野(スカイライナー11)成田空港…成田(ANA7876)成田…成田空港(京成本線)高砂(同左・押上線・都営浅草線)泉岳寺
きっかけは10/21夕方、携帯電話にかかってきたANAからの電話。応募したのもちと失念していた「Boeing787 初就航記念 You Fly 1st.787キャンペーン」、まさかのキャンセル繰り上がりにてB賞成田発着遊覧フライトに当選したというもの。
本編は追々として、さて往復はどうしようかと。行きは昨年来乗っていないスカイライナーをチョイス、前回は空港発で直ぐに速さを実感したのだが、空港行だとまず高砂までの助走区間がもどかしく、北総線内も雑誌片手に過ごすも、あれまだ千葉NT中央?なんてな感じ。今回車端部に座ったというのもあるのか、印旛沼横ではビビリ振動を感じるなど、全般的になんだかなぁという感じがしたのだった。
帰路は空港連絡バス葛西一之江小岩線でも…とも思ったが、少々疲れたので大人しく京成本線特急で。高砂で乗り継いだのは空港を17分後に出たアクセス特急、京急600形…だったら200円弱ケチらなかったのに。

【2011.10.01 Saturday】

横浜川崎ぐるり朝散歩

産業道路駅前バスバース開業日が休みとなったので、朝散歩と洒落込んだ。
日吉(東急東横線)横浜…YCAT(京浜急行バス)江川一丁目…産業道路駅前(川崎鶴見臨港バス)JX日鉱日石エネルギー浮島前…浮島中央(同左)産業道路駅前…産業道路(京急大師線)京急川崎(同本線)京急蒲田
本編は別項に譲るとして、日吉から乗った東急車が5050系(4000番台)第1編成。ちょうど2週間前、神奈川バス協利用感謝デーの帰路元住吉でみなとみらい車を挟んで西武6000系と並んでいたクルマだったので改めて感慨を…。

【2011.04.05 Tuesday】

海から山へ@日帰り18きっぷ消化旅

まともな全休は1カ月振り、その際使ってまだ3日分残っている18きっぷの消化として日帰りプチ旅。
日吉(東急東横線)横浜…YCAT(横浜浮島線臨港便)大師河原…小島新田(京急大師線)京急川崎…川崎(JR-E南武線)立川(同青梅線)拝島(同五日市線)武蔵増戸(同左)武蔵五日市(同左)拝島(同青梅線)青梅(同左)奥多摩(同左)白丸(同左)川井(同左)青梅…青梅車庫(都営バス梅70)柳沢駅…西武柳沢(西武新宿線)西武新宿
まずはこの日開業の横浜浮島線に試乗…ある程度想定していたとはいえまさかの貸切に。
何時振りになるのか大師線を完乗、新装成った川崎駅東口駅前広場をちらと見つつ川崎駅へ…あの大階段中央のES4基とも止まっていたのにはちと驚いた。快速無期休止中(ちょうどこの日04/09再開発表)の南武線で一気に立川へ。更に拝島へと向かい、ちょいとの時間で吉牛を朝食とする。その後五日市線&青梅線散策。青梅線は昨年6月に御嶽まで乗っているが、奥多摩はそれこそ親に連れられて日原鍾乳洞に行ったきりでは?
再び青梅に戻ってきて、当初はそのまま高円寺まで出る予定だったのだが、中途半端なので思い切って未乗というか未体験だった都営バス最長路線・梅70系統を完乗。夕方だったが渋滞に嵌ることなく2時間弱で定刻着は見事。沿線風景も決して多彩というわけではないものの、飽きの来ない路線だった。
こちらも久しぶりの西武新宿線で新宿まで出たのち、期日前投票を済ませ実家に立ち寄りひといきいれたのだった。

【2010.12.28 Tuesday】

房総横断高速バス乗継速行録

過日、本業で大多喜に行く用事があり、帰路高速バスを利用したのだが、改めて思い至ることがあり…2010年の旅修めは純粋な取材になろうとは思ってなかったのだが、日帰りでもそこそこ楽しめるものだなと。
大崎(JR-E山手線)東京(同総武線快速)千葉…京成千葉(京成千原線)ちはら台(平和交通マイタウンライナー)数寄屋橋…有楽町(JR-E京浜東北線)横浜(京浜急行バス茂原線)上総牛久(小湊鉄道バス接続便)勝浦(鴨川日東バス小湊御宿線)木更津金田バスターミナル(小湊鉄道バス木更津羽田線)羽田空港1TB(空港内無料連絡バス)TIAT(羽田京急バス蒲田シャトル)蒲田
メインはアクアラインバス往復なのだが、まずは早起きして1年振りに平和交通マイタウンライナー平日上り便のチェック。その足で横浜へと向かい小休止後、いよいよアクアラインへ。勝浦では折角海辺に来たので魚を食いたいと通りを右往左往するも、開いている店が少ない上にランチでもなかなかのお値段−と、とある食堂を発見、漱石1枚で収まることから即決したのだが…このあたりは費用対効果ですな。
その後もドタバタがあるも、羽田到着後はTIATに寄って蒲田シャトルにて終了。さて来年の旅初め、そして旅修めはどうなることやら。

【2010.12.14 Tuesday】

乗継2題を欲張りウォッチ!

きっかけは18きっぷ…めったにない本職での出張というか往訪がまたもや当たり、今回は関東北部へ午前中に1往復。だったらと18きっぷを購入したのだが、そうなるとつい貧乏性が疼きだして。
まずは1周年を機にダイヤ改正となった平和交通マイタウンライナー、増便となる一方で全便乗継とスタイルが変わった大網線をチェックすることに。その帰路で18きっぷを使うわけだが、戻ってくるのは終電ギリギリ…翌日が公休なので夜更かししてもイイなとなったときに、そうだあれを試してみようとなったのだった。
数寄屋橋(マイタウンライナー)大宮町ターミナル(同左接続便)土気駅前…土気(JR-E外房線)蘇我(同京葉線)新木場(TWR)天王洲アイル(東京モノレール)羽田空港国際線ビル…TIAT(羽田京急バス深夜便)本門寺裏(東急バス反02系統深夜便)戸越銀座
もともとマイタウンライナー実見は土気駅までと決めていたところ定刻なら22:27着、それでは羽田空港着が24:13となり24:10発の東馬込二丁目行に間に合わず。1本前だと総武快速品川京急乗継で24:04着、TWRから東モノに乗り継ぐ渋い乗継でだと23:56着と出た。マイタウンライナーが間に合えば…と思ったら定刻10分前着と余裕の乗継に。
さてどちらを選ぼうかと思ったところ、こんなときくらいしかできなかろうと天王洲乗継をチョイス…記憶が正しければ2001/03のTWR天王洲延伸開業日以来のルートかと。京葉線は海浜幕張こそさほど乗らなかったものの、さすが舞浜であっという間に立客多数に。台場地区のホテルに泊まるのか、TWRに乗り継いだ人も少なくなかった。それでもTWRはガラガラ。天王洲アイルでは疲れた顔をした残業帰り客と入れ違いにホームに下りれば、改札を出る人はまばら…と、スーツケースを抱えた人が1人!結局東モノホームまで来たので、羽田国際線乗継ニーズの存在を確認することができたのは収穫だった。
それ以上の収穫は、羽田京急バスから東急バスへの深夜便乗継が実証できたことか。個人的にもなかなか使えそうと感じたのだった…そのあたりは別途報告までに。

【2010.12.07 Tuesday】

ツアーバス成田往復行

成田空港アクセスに新風?格安ツアーバスが2つ登場したことから乗り継いでみた。
溜池山王(東京メトロ銀座線)稲荷町…下谷神社前(キャブステーション「スーパーシャトル」)成田空港1TB(ホテルシャトルバス)ヒルトン成田(両総観光「ハネナリエキスプレス」)羽田空港1TB(無料連絡バス)TIAT(羽田京急バス)蒲田駅
銀座線上野以東、いや末広町から先に乗ったのは何年振りだろう。これまでで一番ゆっくり間近に東京スカイツリーを見上げたが、やはり高いし下町の景観が変わる。
それにしてもまさか今年はこんなに成田に来ることになるとは思っていなかった…やっぱり渡航もせずに。今回こそターミナル内でゆっくりできなかったが、意外とネットでホテルシャトルバスがフィーチャーされていないので、機会があればじっくりやってみるのも面白そうか。ところで千葉観光ってまだあるのだろうか(エアポートシャトルバスとして会社は存続しているとかしていないとか?)。

【2010.10.21 Thursday】

早朝見たまま記録…羽田空港新国際線旅客ターミナル開業

数日前にリリースされた、京急始発前の開業記念式典セレモニー臨電を狙うべく早朝出撃を敢行! しかしながら5時前に羽田空港に電車・バスで到達する手段はなく、最終的にはモノレール初電でTIATダッシュで臨電到着を迎える−という行程に。
大崎(JR-E山手線)浜松町(東京モノレール)羽田空港国際線ビル…羽田空港国際線ターミナル(京急空港線)羽田空港国内線ターミナル…羽田2TB(無料連絡バス)TIAT(羽田京急バス蒲田駅シャトルバス)蒲田駅東口…蒲田(東急池上線)旗の台
タクシーでのりつけた大崎駅。改札口は04:15オープンで、シャッターが上がる際には30人ほどが待機していたのは意外。若い女性も複数おり、オフィスで夜を明けた人もいるのかもしれない。結局04:30前後に山手線初電が相次いで出発した際には、双方ともに100人ほどは乗っている様子。その後はリポートを参照していただくとして、

ターミナル間無料連絡バスは国内線循環と3ターミナル循環の2系統化、カラーリングで分けるようだが…車両運用効率を考えてとは思うものの、結果的に利用者誘導に難が出そうな気がしたのだった。

<< | 2/7PAGES | >>

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

archives


ジオターゲティング
RSS表示パーツ

selected entries

categories

recent comment

recent trackback

links

RSS表示パーツ

others

powered

a8 a8
無料ブログ作成サービス JUGEM

テンプレートのpondt

tw
top